忙しい人におすすめの裏ワザ

下処理が済んでいる野菜を使おう

面倒な手間を省くポイント

野菜を洗ったり、皮を剥いたりする手間を省くために、冷凍された状態で販売されている野菜を使ってください。
下処理が済んでいるので、袋から出して直接料理に使えます。
下処理の時間を省くだけでも、大きな時間短縮に繋がるでしょう。
冷凍されていなくても、カット済みの野菜を購入して炒め物に使う方法もあります。

できるだけ、下処理の時間を短縮できるように工夫してください。
冷凍野菜や、カット済みの野菜コンビニでも購入できます。
仕事が終わるのが遅くなると、遠くのスーパーに行く時間がなくなってしまうでしょう。
コンビニだったら自宅近くにあるでしょうから、いつでも入手できます。
野菜を塩コショウで炒めるだけでも、立派なおかずになります。

栄養面の心配がある人

冷凍された野菜や、カット済みの野菜は栄養がないと思っている人がいるでしょう。
昔はそのように言われていましたが、今は収穫してすぐに冷凍したり、下処理を済ませたりしています。
ですから栄養が抜けることはありません。
遠慮しないで、料理に使ってください。
炒め物にできる冷凍野菜や、洋風スープ用の野菜など用途によって分けられている製品もあります。

何を作りたいのか決まっていない状態でもⅯ商品を見れば作りたいメニューが決まるかもしれません。
冷凍野菜の方が、生野菜より安く入手できることも多いです。
特に1人暮らしの人は生野菜を買っても、食べきれないことがあります。
少量の冷凍野菜を購入した方が、余らせずに済むのでおすすめです。


TOPへ戻る